女性の薄毛は専門の対策が不可欠|美髪を守り抜く術を知ろう

男の人

脱毛コンプレックス

メンズ

男女で違う脱毛の症状

現在、薄毛に悩む人は1000万人以上と言われ、多くの方が薄毛によるコンプレックスを抱えています。以前では薄毛は男性特有のものと思われてきましたが、現在では男女問わず若者でも増加傾向にあります。薄毛の症状は大きく分けて二通りあります。一つは髪の毛そのものが抜け落ち、本数が減ってしまっている状態。二つ目は、髪の毛の本数は変わらないが、髪が細くなってしまっている状態です。これらの髪の毛の状態により、地肌が目立つようになっている状態が薄毛です。薄毛は加齢と供に男女に増えてきますが、原因は男女により違いがあります。また男女では薄毛になる脱毛の程度にも違いがあり、男性よりも女性の脱毛の程度は軽く改善しやすいのが特徴です。

クリニックか皮膚科で治療

男性の脱毛は女性に比べ遺伝的要素が強いと言われています。また、男性の脱毛の原因の多くは男性ホルモンに影響を受けていると考えられます。幼児期に男子の外性器を形成するのに欠かせない、ジヒドテストステロンと言う男性ホルモンがあります。このジヒドテストステロンが毛根部の細胞にある男性ホルモンに結び付くと、髪の毛の成長サイクルに乱れを発生させてしまいます。すると髪の毛は充分に成長できない産毛の状態で抜け落ちてしまい、成長した髪の毛がいつまでも生えてこなくなります。現在、薄毛治療ではテストステロンを抑制する成分が含まれている薬による治療、または頭皮の血流を良くし、毛母細胞を活性化させる成分を塗布するか注射する治療が行われています。薄毛治療にはクリニックや皮膚科で診療を受け、薄毛の原因を見つける事が大切で、原因が解らないままでは何も改善できないのです。